cws オンラインヘルプ

cwsは源泉徴収票一括出力ツールです。
最新バージョンは1.0.0(2018/1/9現在)です。
Java8+Windows10で動作確認しております。
ダウンロードはこちら 不具合や要望については、info@uchicom.comまでご連絡ください。

使用方法

実行にはJavaのインストールが必要です。
Javaのインストールについてはこちらを参照してください。

上記ダウンロード画面からcws.zipをダウンロードして展開します。
展開したフォルダのファイル構造は以下の通りです。
cws/
  /conf 設定ファイルフォルダです。
    cws.properties 設定ファイルです。pdfに出力する項目とcsvのタイトル行の紐づけ設定もあります。
    template.pdf 出力するpdfファイルのテンプレートです。国税庁サイトから取得した平成28年分以後の源泉徴収票のpdfファイルの1ページ目のみを抽出しました。
  /output 出力先フォルダです。
  cws.bat 実行プログラムです。
  cws.jar ライブラリです。
  list.csv デフォルトの入力ファイルです。

cws.batを実行するとlist.csvに記載されている初期データ(日本太郎、日本花子)のデータがoutputフォルダに出力されます。
list.csvを変更後、cws.batを実行することでoutputフォルダにpdfを出力できます。

出力の必要ないものについては、cws.propertiesで必要ないヘッダを削除できます。
削除したヘッダについては、list.csvから列ごと削除します。